ロフテー『リラクシングピロー』を使用した睡眠環境下での
自律神経機能の測定結果

検証方法

被験者8名を対象に、普段の睡眠環境(1日目、2日目、5日目、6日目)と『ロフテー リラクシングピロー』を使用した時の睡眠環境(3日目と4日目)で、それぞれ睡眠中に心拍センサを用いて自律神経機能を測定。

検証方法

分析方法

自律神経解析において一般的な心拍間隔(RR間隔)に対して、国際的に標準とされる解析長300秒の周波数解析を行い、学術上一般的な低周波数成分(0.04Hz~0.15Hz)の活動値(LF)、高周波成分(0.15Hz~0.4Hz)の活動値(HF)とした。なお、周波数解析の際に、心拍間隔の合計が290秒に満たない時間(分)は異常値となる恐れがあるため、分析からは除去

測定結果

『ロフテー リラクシングピロー』使用時の方が、LF/HFが優位に下がり、交感神経機能が低下してリラックスしていることを表す数値に。

LF/HFの比較

測定結果により見られた傾向

『ロフテー リラクシングピロー』使用時の方が普段の睡眠時に比べ、
自律神経の交感神経機能が有意に低下し、睡眠の質が高まる傾向が見られました。

(2016年、WINフロンティア株式会社調べ)